• Slide image

    有名ブランドの正規品3000点以上取り揃え!

    国内最大級!圧倒的な品揃え!

  • Slide image

    最高の満足へ!送料無料・返品・交換保証!

    送料、関税無料で「簡潔なお取引」をお約束します。

  • Slide image

    お得な会員ポイントシステム!

    100円で1ポイント。有効期限は無期限です!

Arcteryx Men’s Acrux AR Mountaineering Boot の紹介

Arcteryx Men’s Acrux AR Mountaineering Boot の紹介

【オールマイティーな頼れる逸品】
オールラウンドにどんなシーンでも活躍できる登山ブーツ「アクルクス AR 登山ブーツ」があれば、5000m級以下の登山であればほとんどのシーンで活躍できます。
雪山や岩肌、ロッククライミング軟らかい地盤でもどんな場面でもこのブーツ1つで対応できてしまいます。
訪れるスポットによっていちいちブーツを変えるのは難しいですが、このブーツがあればほとんどのシーンで活用できるので、多少値が張っても非常に頼りにできます。
防水、軽量化された0.6 mm TPU プロテクション フィルム採用 GORE-TEX® 3 レイヤー素材や内部のインナー シェル – 4mm 3 次元成形有孔 PE フォーム素材などが利用されており、体への負担も少なく疲れにくく、長時間登山をしなければいけない場合でも役立ちます。
サイズのラインナップは日本人向けには22cmから3cmまでのサイズがそろっており、ほとんどの方がサイズを気にせずにはけるでしょう。
ただし、足の幅への対処はされていないようなので、真剣に選ぶならば試着をした方が理想的です。
3Eから4Eの幅がある方の場合はきつく感じてしまう可能性もあるため、専門のショップで試着をしてから購入しましょう。

【5000m以下の山で利用しやすい】
日本でいえば富士山、北岳はこのブーツがあれば全く問題なく登頂できるでしょう。
しかし、エベレストやサガルマータ、K2やチョモランマといった世界最高峰級の登山には向いていません。氷塊が形成されているような場面では当然スパイクを装着していないと話になりませんが、アクルクス AR 登山ブーツのソールでは雪、多少の氷、岩肌までしか対応できません。
素材もVibram® AR、 Mont コンパウンドで、氷塊の上などでは滑る危険もあります。
例えば、毎年富士山に登るという方向けであればまさしくベストコンディションで、何年もこのブーツでやっていけるでしょう。
透湿性があるため、しっかりメンテナンスすれば臭いもあまり気にならずに済み、耐久性も十分期待できます。
日本国内の登山での応用であればほとんどどんな場面でも生かせるブーツなので、ぜひ検討してみてください。
富士山での清掃活動や登山道で仕事をしている方にとっても命を担うブーツとして、やはりしっかりしたものを選んだ方が安心できるはずです。
ちょっとしたミスによる滑落もこのブーツならば防いでくれるので、すでに持っている服装や道具に合わせて選んでみてください。
ブーツの重量は2kgありますが、この素材で2kgしかないのはうれしいポイントです。
基本的に重たいスパイクを付けないでそのまま使えるのは5000mまでですが、雪や氷の様子に応じてスパイクの着脱を検討しましょう。

【ウェアとの相性も抜群!】
近年は登山においてもおしゃれやスタイリッシュさを求める傾向がありますが、このアクルクス AR 登山ブーツならば、すでに持っているウェアに合わせてもほぼ違和感はありません。
カラーバリエーションは黒の1色しかないようですが、素材の関係上色合いはそこまで求めなくてもよさそうです。
足首まで包んでくれる形状なので、一番危険な状態になりやすい足首も保護しながら利用できるというメリットも備えているわけです。
ウェアの色がピンクやブルーであってもそこまで違和感はないですが、ジッパーの色が気になる場合にはオリジナルのアクセサリーを付けて色を統一してもスペックに問題が生じることはありません。
少し気を付けたいのはつま先部分に赤色が採用されていることで、警戒色で目立つ赤色が選ばれているので視認性の悪い場所でも目立つよう工夫されています。
この色合いだけで足りない場合には、自身で蛍光色のシールを付けたり、蛍光塗料を自身でつければ視認性も向上させられるでしょう。
仲間との登山をする場合には、かかと付近にも目立った色合いが入ったほうが良いので、カスタムするとしたらかかと周辺にもアレンジを加えてみてください。

【保温性がすぐれたブーツ】
耐候性・軽量化・透湿性が備わっているアクルクス AR 登山ブーツには保温性も期待できるので、雪山でも鍾乳洞内や洞窟内でも利用することができます。
水にどっぷりと浸かってしまうと内部まで水が入ってしまいますが、他のブーツに比べると給水する部分が少ないのでそこまで重くはなりません。
乾燥させやすいため、登山中や洞窟探索中のチェックポイントである程度は乾燥させられます。
足先が冷たく感じやすい方にとってはうれしい機能でもあり、常に指先の感覚が残るので、シビアな場所での活動もサポートしてくれます。
機動性も高いため、そのまま車の運転や徒歩での移動もしやすく、走ることも可能です。
5000m以下の山への登山であればそこまで保温性を気にする必要もないかもしれませんが、頂上付近での活動や季節によっては重要なポイントになるので1年間を通して使いたいという方にもおすすめです。
どんなシーンでもオールマイティに使えるブーツをお探しならば、アクルクス AR 登山ブーツをぜひ選んでみてください。

ご購入はこちら

メリット

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)